インデュアホーム

輸入住宅のインデュアホームでは、お客様が安心して暮らせる世界標準のツーバイフォー住宅をおつくりします。

ホームへ戻る 資料請求 お問い合わせ 企業情報
image
私たちの家づくり


世界標準のツーバイフォー住宅  輸入住宅のインデュアホーム


もともと日本人は、木造住宅に古くから親しんでおり、暮らしの中に木や土、紙など自然の素材を上手に取り込んできました。にも関わらず、日本の住宅の平均寿命は約30年と言われています。一生の買い物と言われる家の寿命がこれでよいのだろうか、と輸入住宅のインデュアホームは考えました。世界には100年を越える寿命を持つ家があります。地震に強く、台風や厳しい寒さを耐え抜き、耐火性が高く、高気密、高断熱…。そんな世界標準を満たした住宅を、少しでも多くの皆さまにお届けしたい。その想いが私たちの使命感に変わりました。地球規模での環境問題がささやかれる今、時代はツーバイフォーを求めているのです。





線ではなく、面で受けるからモノコック構造は強いのです。

ツーバイフォーのモノコック構造とは、構造の基本となる「枠組」と面材で形成する「床面・壁面・屋根面」によって箱型に造った構造。つまり、床・壁・屋根の6面体を1単位として空間が構成されています。なぜ、このモノコック構造が在来軸組工法より頑強なのかというと、在来軸組工法では地震などの力が

と、柱1本1本に大きな負担がかかってしまい、ねじれや変型・倒壊を起こしやすいのですが、モノコック構造は地震の際も6面全体で揺れ自体を抑えるとともにバランスよく分散・吸収し、高い耐震性を実現する事ができるのです。モノコック構造は、スペースシャトルや新幹線、フォーミュラ・ワン(F1)にも採用される、性能の高い構造。その構造を住まいに用いることで、地震や台風などの大きな揺れにも、力を分散させて被害を最小限に抑えます。ツーバイフォー住宅は19世紀初めの開拓時代に北米で生まれたと言われています。少ない木材で合理的に建てられ、厳しい自然から生活を守る事ができる家が求められた結果、誕生しました。今もなお支持され続けている事が、その頑強さ、耐久性の高さを物語っています。




地震に強い世界屈指の剛構造




通し床(ツーバイフォー工法)

通し柱(軸組工法)

床が強いモノコック構造

床面では、強い剛性を持つ面材と枠組み材を一体化させた、「ダイアフラム」と呼ばれる強固な立体盤面で、加わる力を各所に分散させて外力に抵抗し、ネジレを防ぎます。そして、壁を形成する垂直ダイアフラムは、水平ダイアフラムから伝わる力、あるいは上下方向の力を分散して基礎へ伝達し、建物の変形や倒壊を防ぐのです。


ツーバイフォー壁式工法
※ねじれや変形が少ない

在来軸組工法


■床面における、ダイアフラムと一般的な床面との比較図




■壁面における、ダイアフラムと鉄骨造との比較図






豪雪地から台風エリアまで適応できる強度



大災害を引き起こす台風、その力はまさに破壊的

熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット/風力8)以上のものを「台風」と呼びます。日本を通過する台風の数は年間10個に達します。台風が上陸、あるいは接近すると雨と風の両方で甚大な被害が出ることが多く、まさに破壊的な力を持つ自然災害が発生します。輸入住宅のインデュアホームが採用しているツーバイフォー工法は台風や強風にとても強い剛構造なのです。


日本は台風の通り道

台風の通り道になっている日本列島では毎年大きな被害が発生。夏から秋にかけて台風は日本を目指してやってきます。この招かざる客、台風は大なり小なり「災害」という置き土産を毎年忘れずに残していきます。日本に家を建てる時は台風による強風に耐え続ける家を工法として選ばなければならないと考えています。








温度差70度に耐え抜かれた強さ

北緯40度以北に位置する厳しい寒さの中で研かれた温度差70度にもなるカナダの建築技術は、日本を始め、アメリカ、ヨーロッパなどに輸出され、そのクオリティーの高さが世界に認められています。私たちはその技術をあますところなく取り入れ、日本の気候や生活スタイル、さらには省エネやユニバーサルデザインなど、様々な日本の気候・風土にマッチしたツーバイフォー住宅をおつくりしています。雪による建築物などの被害を減らし、強いばかりではなく、過酷な気象条件でも住まう人に大きな安心感を与えてくれる強固で快適な構造としてのツーバイフォー住宅を実現しました。



 

ツーバイフォー専用の金物の強度

重ねた板に2本の釘を打つだけで、その板を横にずらすことは大変困難になります、このように釘は横方向の力(せん断力)に対して特に強さを発揮。さらに独自の帯金物によって緊結され構造躯体は横の力だけでなく上下の力に対しても優れた耐性を備えることになります。



      

高性能金物でさらに確かに

輸入住宅のインデュアホームは高い性能を誇る金物を随所に使用しています。もともと高い強度を誇るツーバイフォー構造にこのような高性能の金物を用いる事でより確かな構造強度を実現しました。






次世代省エネ基準をクリアした高気密の家



次世代省エネ基準とは?

「次世代省エネルギー基準」(以下次世代省エネ基準)は、1999年(平成11年)3月に改正告示化された「住宅に係わるエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断基準」及び「同設計及び施工指針」のことをさします。この基準は、1980年(昭和55年)に初めて定められ、1992年(平成4年)に一度改正されましたが、地球環境を守る京都議定書の締結以降に21世紀の住まい作りに照準を合せて、1999年に全面的に改正されました。基準値をクリアする断熱材で、高断熱・高気密化の住宅を造ることで、快適な屋内環境を維持しながら、冷暖房による消費エネルギー量を1992年の基準より20%削減することを目指しています。






次世代省エネ基準ONE-UPで光熱費の節約を推奨しています





高断熱の住まいづくりに推奨する断熱材

【省エネ基準や地域、環境によって使用する断熱材は変わります】

グラスウール断熱

不燃性のガラスを綿状に繊維化しその隙間に空気を閉じ込める、火に強く安全な断熱材。撥水性・吸音性に優れており、シロアリなどの害虫も付きません。リサイクルガラスを使用しているので、環境にも優しい素材です。


ウレタン吹付け断熱

インデュア構法自体高い気密性を持っていますが、さらにまんべんなくウレタン断熱材を吹き付けることにより、気密性が高まり、冷暖房コストを抑えられる、冬暖かく夏涼しい住まいを実現します。


遮熱シート

透湿性・防水性を兼ね備えた遮熱シートは、屋根裏・天井・壁に熱がこもるのを防ぎ、建物自体が熱を持つ事を防ぎます。太陽熱を反射することによって、室内を快適に保ってくれます。


ロックウール断熱

微細なロックウール繊維の隙間に大量の空気を含むことにより、優れた断熱性を発揮。耐久性・防火性に優れています。また、防音性も高く、静かな室内環境を保ちます。


羊毛断熱

自然素材の羊毛断熱材は、発ガン性物質を含まず、あらゆる合成繊維や人工繊維よりも健康的です。湿度の高い日本の環境に合った素材で、優れた調湿性で壁体内結露を防ぎ家を長持ちさせます。環境にも優しい断熱材です。






高耐火性能で火災から家と家族を守ります



燃え広がらない「ファイヤーストップ構造」

軸組工法の住宅では、火災時に炎が、壁や天井の空間を伝って燃え広がると言われています。インデュア構法は、下地材に火に強い石膏ボードを使用する事はもちろん、構造である壁や床などが、炎の通り道を遮るファイヤーストップ効果をもたらし、万が一の火災にも、被害を最小限に押さえます。



■ファイヤーストップ効果

 

水分を出して火災を抑える石膏ボード

インデュアホームでは壁の下地材として、石膏ボードを使用します。石膏ボードには約21%の結晶水が含まれており、火に当たると約25分間にわたって水分を出し続けて、温度の上昇を抑制するのです。そのため、火を出火室で抑え、初期消化を可能にします。この性能は、住宅金融公庫も準耐火構造としてその耐火性能を評価しています。

■水分を出し続ける石膏ボード



木は鉄より耐火性があります。

木は一般的に火に弱いと思われがちですが、ある程度の大きさが有ると、表面が焦げて炭化層を作り、酸素の補給を制限するので、中まで火が進みにくくなります。一方、鉄は火に弱く、5分間火にあおられると、強度は半分程度になり、曲がってしまいます。木の強度が半分以下になるのは、20分以上経過した後ですから、いかに木が火に強いかお解り頂けるでしょう。







全面通気で家全体が呼吸する構造



外部からの雨水の侵入を防ぎ
内部からの湿気は上手に逃がす


●透湿防水シート

湿気を外へ逃がす

不織布を物理的・科学的に処理加工。壁の中の湿気を逃がし、結露による腐食を防ぎます。透湿性はアスファルトフェルトに比べ約70倍以上あります。

水の浸入を防ぐ

万が一の外部からの水の浸入には防水層の役割を果たし、住まいの耐久性を向上させます。また、施工時には構造材や断熱材を雨などから守ります。

風の流入を防止する

住まい全体を包み込むことにより、暖かい空気の流出を防ぎ、冷たい風の流入を遮断します。住まいの保温効果を高め、断熱施工の効果をよりいっそう向上させます。

小屋裏の耐久性と快適環境を
実現する屋根裏換気

●棟換気

直射日光により長時間照らされる屋根裏面のこもりやすい熱を、棟換気により効果的に屋外へ排出します。その結果、室内の温度上昇を抑制します。

床下をよどみなく空気が流れる
これが理想の床下換気法

●床下全面換気

従来の基礎換気口式の、換気量を倍以上上回る、床下全面換気方式を採用。床下を空気がよどむ事無く流れ、湿気が溜まらないので、床下をいつも乾燥状態に保ちます。(一部寒冷地域を除く)






耐震性を土台で支える強度に注目



高耐震性の重要なポイント「ベタ基礎」


インデュアホームのベタ基礎は、床下全面を覆う頑強な基礎形状で、基礎全体が一体化したコンクリートベースになっており、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができます。さらに、軟弱な地盤でも「不同沈下(地盤が不均等に沈下してしまう現象)」を起こさない、という利点があります。地面をコンクリートで覆うので防蟻効果も働きます。



床下からの湿気を防止


ベタ基礎は地面からの湿気を防止して、建物の耐久性を向上させます。



立ち上がり幅150mmの基礎

住宅の強さは足元から。安定した地盤に150mmの立ち上がり幅の基礎が家を足元からがっちり支えます。




基礎コンクリート強度21N/mm2

JIS規格21N/mm2のコンクリートを使用する事で、品質を確保し、大切な基礎コンクリート強度を確実なものにします。




強固な鉄筋を入れたベタ基礎




床下の風通りを良くする基礎パッキン

基礎とその上の土台との間に、厚み2cmほどのパッキンを挟むことで隙間をとり、そこから通風を得られます。穴を開けないので基礎は強くなり、通風も多くとれます。基礎コンクリートの湿気も伝わらないので、家の耐久性もあがります。基礎に従来の風穴を開ける必要がないので、基礎の欠損が減り、耐久性・耐震性に貢献します。

コンクリートと土台の間にある黒い部分が基礎パッキン。

基礎の仕様を決める地盤調査

土地の強度が建物を支えるだけの地耐力を持っていなければ、基礎仕様の決定はできません。地形図・地質図・近隣建物状況や当社が蓄積した近隣地盤調査データを総合的に判断し、適切な基礎仕様をご提案致します。もし軟弱地盤と判定した場合には、最善な基礎補強工事方法をご提案致します。





住まいづくりに選んだのは「木」


私たちが無垢材にこだわる理由


柔らかい肌触りと温もりを持った無垢材は、住まいに多く用いることで、住まう人に心地よい癒しをもたらしてくれます。木を室内にふんだんに使う事により、森林浴のような爽快な気分になるのは、無垢の香りに癒しの成分があるからなのです。また、木はその適度な弾力性から、フロアーに使う事により疲労を心地よく和らげてくれます。さらに、使う程に味わいを増していくのは無垢の木の特性です。建ててから手を掛け、思い出とともに価値が増す。だから私たちは、無垢を使う事にこだわっています。



木は理想的な建築材


地震国日本。家族の命を守る大切な家づくりに、耐震性能は欠かせない性能です。木は、鉄やコンクリートに比べて、重さ当たりの強さは、引っ張りで鉄の約4倍、圧縮強さでコンクリートの5倍もの強さを誇ります。軽くて強い木は、理想的な建築材料です。



ツーバイフォーの名の由来


ツーバイフォー工法は、日本での正式名称が「枠組壁工法」。「ツーバイフォー」という名の由来は、その基本構造材として「約2インチ×約4インチ」の木材が主に使用されていることによります。ツーバイフォー工法ではこの2×4材を中心に、6種類の規格材が主に使用されいています。これは、規格の統一による大量生産とコストダウン、現場での凡用性、そしてシンプルな構造システムの実現に大きなメリットがあります。





住宅瑕疵担保責任保険の基準を上回る厳しい自社施工基準を設けています



大切な基礎から防水まで
高い施工基準を設けています。

家づくりにはインテリアやプラン、こだわりの設備も大切。だけど何より大切なのは、家族が末永く安全で、安心に暮らせるということ。そんな安全で安心な暮らしを守るために私たちは法律で義務付けられた住宅瑕疵担保責任保険の施工基準を上回る厳しい基準を設けています。



1 強い基礎巾150mm

アルカリ性のコンクリートは鉄筋が錆びる事を防ぎます。基礎の立ち上がり幅を建築基準法をクリアする120mmよりさらに厚く150mm以上にする事で、鉄筋が酸化し、錆びる事を防ぎ、基礎の寿命を長くします。




2 含水率19%以下の乾燥材を使用

主要構造部に含水率20%以下の乾燥材を使用して木材の乾燥収縮による反り、割れ、狂いを最小限に抑えています。





3 高い防水性を誇るゴムアス下地

一般のアスファルト系ルーフィングに比べ伸縮性があるゴムアスファルト系ルーフィングを使用しています。伸縮性があるので、釘等を打っても釘穴を締め付け、雨水等の浸入を防ぐ効果があります。また素材自体の耐久性も高く、長期間の防水効果があります。外壁との接合部分はルーフィングを250mm立ち上げ雨水の侵入を防ぎます。


4 窓廻りの防水をしっかり確保

外壁とのわずかな隙間から万一雨水が入り込み、サッシをつたって流れた場合でもサッシの下部には先貼り防水シートを施工していますので室内への雨水の浸入を防ぎ、内装材、構造木材を雨水から守っています。また、75mm以上の両面防水テープを使って防水代を確実に確保しています。


5 雨水を防ぐバルコニー防水下地

バルコニーの床は言い換えれば下の階の屋根に当ります。雨漏りから内装材、構造躯体を守るためにバルコニーの床防水はFRP防水やステンレス防水など、10年保証仕様の耐久性の高い、専用の防水工事をしています。バルコニー手摺下地には防水シートの増し貼りで、シール性や耐久性を高めています。





安心の第三者機関の保証


第三者機関における永続的に継続保証を受けることが出来ます。(任意)
10年ごとに点検、補修を行い継続して保証を受けられます。

継続保証を受ける場合は、当社指定の第三者機関の保証を受ける必要があります。施工会社による点検及び施工会社が必要とする補修、再点検を行う必要があります。

※住宅瑕疵担保責任保険の基準とは

住宅瑕疵担保履行法によって、新築住宅の構造と防水に瑕疵があった場合に、それを修繕する ための資金力確保が必要とされています。その手段の一つとして瑕疵担保責任保険というもの があります。住宅瑕疵担保責任保険の基準とはその保険に加入するために設けられている施工 検査方法や基準のことです。







住宅FCインデュアホーム 全国ネットワーク・インデュアホ-ムF.C.本部

株式会社インデュアホーム

〒025-0011
岩手県花巻市矢沢第10地割1番地1
Tel:0198-32-1882
Fax:0198-31-2206
E-mail:info@endure.jp

加盟店募集のご案内
輸入住宅の住宅フランチャイズ

住宅事業への新規参入をご計画の社長様へ。インデュアホームの住宅FC制度についてご案内いたします。