MENU

ENDURE HOME
電話でのお問い合せ メールでのお問い合せ

日本は地震が多いけど、輸入住宅で建てて大丈夫ですか?

インデュアホームのモノコック構造は、床・壁・屋根の6面体で空間を構成するので地震に強いです。

地震大国日本で、輸入住宅は耐えられるのかと不安に思うかもしれませんが、日本ツーバイフォー協会の調査報告によれば「阪神淡路大震災におけるツーバイフォー住宅の被害状況」で被害の大きかった地域に建っていた約9、000棟のツーバイフォー住宅の内、災害後もとくに補修しないで居住可能だった割合は約97%を占めていたそうです。また、被害を受けた約3%の住宅でさえも、被害の原因は地盤変動によるものが大半だったそうです。「東日本大震災」においてもツーバイ住宅の被害状況の調査が行われ、調査対象約21、000棟のうち補修しなくとも居住可能な住宅の割合は約98%を占めていたそうです(津波被害のあった住宅を除く)。

この様に過去の震災の報告からも、ツーバイ工法で建てられた輸入住宅の耐震性が証明されているので「輸入住宅だから地震が不安」ということは決してないのです。


頑強なモノコック構造と ツーバイ工法について
繰返す大地震に効果を発揮する 制震装置について


お問い合わせ・資料請求は
お気軽にどうぞ
お近くのインデュアホームを検索 パンフレット請求はこちら